バイオハザードオフィシャルサイト

スポンサーサイト

Posted by ミリタリーブログ at   

上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  


L.A.P.D Spot Investigation Report 2015/10/18

Posted by LAGGOON CITY at 2015年10月18日 2015年10月18日 20:52
実況見分報告書

氏名:woody pacino ID # A0072

日時:2015/10/18 (日)

状況発生時間:10:00~17:00

天候: 快晴

10:20 L.A.P.Dに通報アリ。教会付近の電話ボックスからであった。

以前からL.A.P.Dの通信設備にノイズが入ってしまう事が問題になっていたが、通信業者によって改善されていた。
しかし、本日の通報からノイズが再発生した。

ボンボクラート社に紹介された、信用のおける通信業者だったはずだが、もう一度修理要請の必要がある。

今回の通報者からの録音を音声解析にまわし、確認できた内容は以下の3点である。

「血清」

「大人の液体」

「裸エプロン」

詳細不明。通報者不明。意味も不明。

通報箇所の教会付近にある、赤い電話ボックスに急行したところ、銃撃戦が起きていた。

死者、負傷者数は未だ把握しきれていない。


状況は、以下の現場写真を参考にされたい。


市庁舎付近
#01 












教会付近
#02



































Rising st.付近

#03 bar付近は、最も治安が悪い。
銃弾が止めどなく飛び交っている。












810st. 付近

今回の銃撃戦で、最も多くの負傷者を出したメインストリート。

脱出用の応援ヘリを呼ぶ無線は、1台しか正常に作動するものが無かった為、無線の争奪は熾烈を極めた。

#04
























green zone

Laggoon City内にある「green zone」。
すぐ近くで銃撃戦が行われているとは思えない程、別世界である。

#13









「G-girls」の台頭

最近、Laggoon Cityで目撃情報の多い「G-girls」(Gasmask girls)と呼ばれる女性戦闘員で構成された組織。
今回、初めて撮影に成功した。

#16

meat shopで、斬り刻まれた肉を眺める「G-girls」。



台車に乗る「G-girls」
カワイイ。好き。目が好き。




現場遺体写真

凄惨な遺体が、銃撃戦の激しさを物語っている。

#05


























生存者
確認できた生存者は無し。
Laggoon City 史上初の「生存者ゼロ」となった。

#06







重要参考人写真

後日、あるルートから入手した写真。
LAGGOON CITYの暴力のピラミッドを崩す可能性のある輩である。

#07












徹底的に素性を洗うと共に、根絶させる。

このまま野放しにしておくわけにはいかない。





報告書、その他写真
https://www.dropbox.com/sh/k6scw3jpgb64lqu/AAA_YokkLyzQVJ0H_hRNUTG0a?dl=0

(dropboxで1週間保管)




以上
  




Copyright(C) LAGGOON CITY. 2018 All Rights Reserved.