バイオハザードオフィシャルサイト

L.A.P.D Spot Investigation Report 2016/03/05

Posted by LAGGOON CITY at 2016年03月05日 2016年03月05日 18:38
実況見分報告書

氏名:woody pacino ID # A0072

日時:2016/03/05 (土)

状況発生時間:10:00~17:00

天候: 晴

13:33 L.A.P.Dに「店が襲われている」との通報アリ。

現場となったのは、メインストリートに店舗を構えるガソリンスタンド「Liberator Wing」。

現着すると、店内には2名の男性がショットガンを持って立て籠もっていた。
目的は店舗の売上金。

「Liberator Wing」は、Laggoon City内で最も交通量の多い通りに面しているだけあって、売り上げもダントツである。

店長を人質にしている為うかつに手は出せず、交渉が長引くことは必至であった。

そこへ一台のワンボックスが横付けされ「Liberator Wing」が雇っているSECURITYチームが到着。

人質となっている店長から指示が出ていたのかは不明だが、すぐさま店内に突入し犯人2名を射殺。
店長はキズ一つなく生還した。



非常に訓練されたSECURITYチームであり、今後も我々と共にLaggoon Cityの治安を守っていきたいと考える。



以下の現場写真を参考にされたい。


市庁舎付近
#01 一般市民が多く集まるエリア。銃撃戦に巻き込まれて命を落とす事も少なくない。


















Rising st.付近

#04 bar付近は、オーナーがオーナーだけに最も治安が悪い。
銃弾が止めどなく飛び交っている。


























教会付近
#10 神聖な場所であっても、お構いなしに弾丸が飛んでくる。



















810st. 付近

今回の銃撃戦で、最も多くの負傷者を出したメインストリート。

脱出用の応援ヘリを呼ぶ無線は、2台しか正常に作動するものが無かった為、無線の争奪は熾烈を極めた。










現場遺体写真

凄惨な遺体が、銃撃戦の激しさを物語っている。












































生存者
確認できた生存者は1名。





武装したラグーン市民

後日、あるルートから入手した武装したラグーン市民の写真。
LAGGOON CITYの暴力のピラミッドを崩す可能性のある組織である。





徹底的に素性を洗うと共に、根絶させる。

このまま野放しにしておくわけにはいかない。



報告書、その他写真
https://www.dropbox.com/sh/n4kwrssw1m6arey/AADQ7UoMeipJGEq-r9y95aCTa?dl=0

(dropboxで1週間保管)




以上






同じカテゴリー(定例会)の記事画像
L.A.P.D report 2016/05/05
L.A.P.D report 2016/05/04
L.A.P.D report 2016/05/03
L.A.P.D report 2016/05/02
L.A.P.D report 2016/04/30
L.A.P.D report 2016/04/29
同じカテゴリー(定例会)の記事
 L.A.P.D report 2016/05/22 (2016-05-22 20:36)
 L.A.P.D report 2016/05/19 (2016-05-19 19:03)
 L.A.P.D report 2016/05/18 (2016-05-18 19:55)
 L.A.P.D report 2016/05/16 (2016-05-16 18:00)
 L.A.P.D report 2016/05/15 (2016-05-15 22:29)
 L.A.P.D report 2016/05/08 (2016-05-08 19:24)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

このページの上へ


Copyright(C) ブログ名. 2009 All Rights Reserved.