バイオハザードオフィシャルサイト

スポンサーサイト

Posted by ミリタリーブログ at   

上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  


L.A.P.D Spot Investigation Report 2016/02/29

Posted by LAGGOON CITY at 2016年02月29日 2016年02月29日 19:29
実況見分報告書

氏名:woody pacino ID # A0072

日時:2016/02/29 (月)

状況発生時間:10:00~17:00

天候: 晴 / 雨

13:33 L.A.P.Dに「男が建物内で銃を乱射している」との通報アリ。

現場となったのは、Laggoon Cityにある病院「LAGGOON CITY HOSPITAL」。


現着すると、病院の裏口付近にてショットガンを持った男を確認。
SWATチームを出動させた。

人質を取っていなかった事と、病院の警備員による患者の迅速な誘導により、病院内には犯人1名だけが取り残された状態であった。

SWATチームが突入し、2分後に犯人を射殺した。

犯人はこの病院の精神科の医師で「ジョン・コロラド・マグウェイ」(45)。

ジョンは医師歴20年のベテランだが、精神科の患者と長く接するうちに自身も精神に異常をきたしたとみられる。

検死の結果、微量の向精神薬が検出されたが、他に以上は見られなかった。
死者・負傷者共に0名。

以下の現場写真を参考にされたい。


市庁舎付近
#01 一般市民が多く集まるエリア。銃撃戦に巻き込まれて命を落とす事も少なくない。












Rising st.付近

#04 bar付近は、オーナーがオーナーだけに最も治安が悪い。
銃弾が止めどなく飛び交っている。



教会付近
#10 神聖な場所であっても、お構いなしに弾丸が飛んでくる。















810st. 付近





武装勢力

後日、あるルートから入手した武装勢力の写真。
LAGGOON CITYの暴力のピラミッドを崩す可能性のある組織である。





徹底的に素性を洗うと共に、根絶させる。

このまま野放しにしておくわけにはいかない。



報告書、その他写真
https://www.dropbox.com/sh/1ccslyrloj31ips/AACEk2hQAbwDch8oHWztShYaa?dl=0

(dropboxで1週間保管)




以上
  


L.A.P.D Spot Investigation Report「at night」 2016/02/28

Posted by LAGGOON CITY at 2016年02月29日 2016年02月29日 00:07
実況見分報告書

氏名:woody pacino ID # A0072

日時:2016/02/28 (日)

状況発生時間:19:00~23:00

天候: 晴

20:15 Laggoon Cityをパトロール中のPCから入電。
「自動小銃を持った男に襲われている。」との応援要請。

現場となったのは、メインストリートとなるRoute 810付近。
SWATチームを緊急出動させた。

現着すると、犯人の男性がPCに向け銃を乱射していた。

犯人は、SWATチームの到着を見るなり武器を捨て投降。

数分で検挙となった。

犯人の身元を確認。

「Bruno Heart」(21)
Brunoは2ヶ月前に、努めていたLaggoon Cityにあるビル管理会社「R.E.S」を不当な理由で解雇されており、精神的に不安定な状態であった。



以下の現場写真を参考にされたい。


現場写真
#01 




#02 



#03



#04



#05


#06



#07



#08



#09



#10



#11









報告書、その他写真
https://www.dropbox.com/sh/hb3cw6he4ag65nq/AAAwmh_CO9CAXFSAVVcntTdta?dl=0

(dropboxで1週間保管)




以上
  


L.A.P.D Spot Investigation Report 2016/02/28

Posted by LAGGOON CITY at 2016年02月28日 2016年02月28日 22:30
実況見分報告書

氏名:woody pacino ID # A0072

日時:2016/02/28 (日)

状況発生時間:10:00~17:00

天候: 晴

10:35 L.A.P.Dに「妙に活気のある男がいる」との通報アリ。

現場となったのは、Laggoon City教会付近。

現着すると、ムキムキした妙に活気のある男が空の台車を押していた。


職務質問を行ったが、異常なし。
男は先月Laggoon Cityに引っ越してきた「winter moon」(19)。

職を探しているらしく、運送会社へのアピールの為に台車を押して街中を走り回っていたという。

職業安定所の存在を知らなかった為、現地に案内した。




以下の現場写真は、上記事件とは全然関係のない銃撃戦の報告である。
参考にされたい。


市庁舎付近
#01 一般市民が多く集まるエリア。銃撃戦に巻き込まれて命を落とす事も少なくない。
































Rising st.付近

#04 bar付近は、オーナーがオーナーだけに最も治安が悪い。
銃弾が止めどなく飛び交っている。


















教会付近
#10 神聖な場所であっても、お構いなしに弾丸が飛んでくる。







































































810st. 付近

今回の銃撃戦で、最も多くの負傷者を出したメインストリート。

脱出用の応援ヘリを呼ぶ無線は、2台しか正常に作動するものが無かった為、無線の争奪は熾烈を極めた。








現場遺体写真

凄惨な遺体が、銃撃戦の激しさを物語っている。












































スナイパー配備
スナイパーがキャットウォークに配備されており、我々は苦戦した。





Green Zone




生存者無し
本日の銃撃戦において、生存者は確認できなかった。
全員の死亡が確認された。







報告書、その他写真

https://www.dropbox.com/sh/eo55yc6lj54w844/AABQSIUlDWCaNSrh2_tfAYDoa?dl=0
(dropboxで1週間保管)




以上  


L.A.P.D Spot Investigation Report 「at night」 2016/02/27

Posted by LAGGOON CITY at 2016年02月27日 2016年02月27日 23:43
実況見分報告書

氏名:woody pacino ID # A0072

日時:2016/02/27 (土)

状況発生時間:19:00~23:00

天候: 晴 / 雨

22:45 L.A.P.Dに「ガスマスクの男がうろうろしていて不気味だ」との通報アリ。

現場となったのは、LAGGOON CITY市庁舎付近。

現着すると、市庁舎付近のダストボックスから、ガスマスクの不気味な男が辺りを見回していた。


おとなしく出てくるよう促したが、一切反応なし。


男が所持していた自動小銃をこちらに向けたため、その場で射殺した。

男がここで何をしていたのかは不明のままである。
現在、遺体を検死に回し身元の確認を急いでいる。





以下の現場写真を参考にされたい。


市庁舎付近
#01 一般市民が多く集まるエリア。銃撃戦に巻き込まれて命を落とす事も少なくない。
















武装組織

後日、あるルートから入手した武装組織の写真。
LAGGOON CITYの暴力のピラミッドを崩す可能性のある組織である。





徹底的に素性を洗うと共に、根絶させる。

このまま野放しにしておくわけにはいかない。





報告書、その他写真
https://www.dropbox.com/sh/gpll5gqhsok8rgk/AACb5ZH2Og7s1X5WyE53a8sFa?dl=0

(dropboxで1週間保管)




以上
  


L.A.P.D Spot Investigation Report 2016/02/27

Posted by LAGGOON CITY at 2016年02月27日 2016年02月27日 21:37
実況見分報告書

氏名:woody pacino ID # A0072

日時:2016/02/27 (土)

状況発生時間:10:00~17:00

天候: 晴

10:25 L.A.P.Dに「不審な男がいる」との通報アリ。

現場となったのは、Laggoon CItyのメインストリートRoute 810沿いにある「LAGGOON BANK」。

現着すると、確かに不審な男がいた。





四つん這いになり、BANKの正面入り口から外を警戒するように見ている。
職務質問を行ったが、まるで会話にならない。

最近出回っている新種のLSD服用者の可能性があるとみて、Laggoon HOSPITALにおいて血液検査を行っている。

男の身元は不明。



以下の現場写真を参考にされたい。


市庁舎付近
#01 一般市民が多く集まるエリア。銃撃戦に巻き込まれて命を落とす事も少なくない。












Rising st.付近

#04 bar付近は、オーナーがオーナーだけに最も治安が悪い。
銃弾が止めどなく飛び交っている。














教会付近
#10 神聖な場所であっても、お構いなしに弾丸が飛んでくる。

































































810st. 付近

今回の銃撃戦で、最も多くの負傷者を出したメインストリート。

脱出用の応援ヘリを呼ぶ無線は、2台しか正常に作動するものが無かった為、無線の争奪は熾烈を極めた。


















現場遺体写真

凄惨な遺体が、銃撃戦の激しさを物語っている。




































スナイパー
スナイパーがキャットウォークに配備されており、我々は苦戦した。





生存者無し

本日の銃撃戦は非常に激しく、生存者の確認は無し。
全員の死亡が確認された。




報告書、その他写真
https://www.dropbox.com/sh/djfm877cbqilb02/AADBsFqM5hF2Os7U6bTRazyGa?dl=0

(dropboxで1週間保管)




以上
  


L.A.P.D Spot Investigation Report 2016/02/24

Posted by LAGGOON CITY at 2016年02月24日 2016年02月24日 20:20
実況見分報告書

氏名:woody pacino ID # A0072

日時:2016/02/24 (水)

状況発生時間:10:00~17:00

天候: 晴

13:15 L.A.P.Dに「不審な男がいる」との通報アリ。

現場となったのは、Laggoon Cityで最も安全と言われている「Green Zone」。

現着するとグリーンのマントの様なものを纏った男を発見。



職務質問を行おうと近づいたところ、足早に人混みに消えてしまった。

銃火器の所持は確認できていないが、最近Laggoon Cityには各国からの傭兵が多数流入してきている。
目撃した男の特徴を傭兵のリストから検索すると、code name「1941」という傭兵がヒットした。

各国に傭兵として出向き、非常に高い戦績を上げている男だ。

現在はロシアにいる事になっているが、真相はわからない。

引き続き、調査を進める方針である。







以下の現場写真を参考にされたい。


市庁舎付近
#01 一般市民が多く集まるエリア。銃撃戦に巻き込まれて命を落とす事も少なくない。


















Rising st.付近

#04 bar付近は、オーナーがオーナーだけに最も治安が悪い。
銃弾が止めどなく飛び交っている。
























教会付近
#10 神聖な場所であっても、お構いなしに弾丸が飛んでくる。





















810st. 付近

今回の銃撃戦で、最も多くの負傷者を出したメインストリート。









武装組織

後日、あるルートから入手した武装組織の写真。
LAGGOON CITYの暴力のピラミッドを崩す可能性のある組織である。





徹底的に素性を洗うと共に、根絶させる。

このまま野放しにしておくわけにはいかない。



報告書、その他写真
https://www.dropbox.com/sh/qvi7ys3n59zdkwr/AABMXhGmnkpyvbSvIpWYoHVXa?dl=0

(dropboxで1週間保管)




以上
  


L.A.P.D Spot Investigation Report 2016/02/21

Posted by LAGGOON CITY at 2016年02月21日 2016年02月21日 20:05
実況見分報告書

氏名:woody pacino ID # A0072

日時:2016/02/21 (日)

状況発生時間:10:00~17:00

天候: 晴

12:45 L.A.P.Dに「裸の男が発狂している」との通報アリ。
現場となったのは、LAGGOON CITYの市庁舎付近。

現着すると、上半身裸の男が両手に拳銃を持ち叫び狂っていた。



我々からの、3度にわたるフリーズコールにも男は一切反応しない。
男が照準も合わせる事無く3発発砲した為、その場で射殺した。

最近頻発している新種のLSD服用者であるとみて、遺体を検死解剖に回した。



また、本日はLaggoon Cityの各所で不審者の報告が相次ぎ、対応に追われた。


うめき声を上げながら、街中を徘徊する不審者。


目的は不明瞭でひどく不審だが、犯罪を犯しているわけではない。


ただただうめき声と徘徊を繰り返す。


前記した事件との関連性は不明であるが、新種のLSD服用者と、ボンボクラート社のBio Research Lab.の被験者の症状が酷似しているとの報告もあり、双方からの調査を進める方針である。


以下の現場写真を参考にされたい。


市庁舎付近
#01 一般市民が多く集まるエリア。銃撃戦に巻き込まれて命を落とす事も少なくない。




































Rising st.付近

#04 bar付近は、オーナーがオーナーだけに最も治安が悪い。
銃弾が止めどなく飛び交っている。
























教会付近
#10 神聖な場所であっても、お構いなしに弾丸が飛んでくる。































スナイパー配備
スナイパーがキャットウォークに配備されており、我々は苦戦した。












810st. 付近

今回の銃撃戦で、最も多くの負傷者を出したメインストリート。

脱出用の応援ヘリを呼ぶ無線は、2台しか正常に作動するものが無かった為、無線の争奪は熾烈を極めた。














現場遺体写真

凄惨な遺体が、銃撃戦の激しさを物語っている。












































生存者
確認できた生存者は1名。





武装組織

後日、あるルートから入手した武装組織の写真。
LAGGOON CITYの暴力のピラミッドを崩す可能性のある組織である。




徹底的に素性を洗うと共に、根絶させる。

このまま野放しにしておくわけにはいかない。



報告書、その他写真

https://www.dropbox.com/sh/ftl0m1w85y9v7ps/AAD-nLLvuDwm6Cx3gWuEz33Ca?dl=0
(dropboxで1週間保管)



3/20 sun LAGGOON CITYにおいて、「L.C.C.」Laggoon city CLAN CUPが開催される。
以下の報告書にて情報をまとめている。
参考にされたい。

ストーリーブログ
http://laggooncity.militaryblog.jp/e737392.html
告知ブログ
http://laggooncity.militaryblog.jp/e733131.html




以上
  


L.A.P.D Spot Investigation Report 2016/02/20

Posted by LAGGOON CITY at 2016年02月20日 2016年02月20日 18:21
実況見分報告書

氏名:woody pacino ID # A0072

日時:2016/02/20 (土)

状況発生時間:10:00~17:00

天候: 雨

14:23 パトロール中のPCより入電。
「武装組織同士の銃撃戦が起きている。応援願いたい。」というものだった。

現場となったのは、LAGGOON CITYのメインストリート付近。
現着すると激しい銃撃戦が起きていた。
装備や連携から、企業に雇われたPMCである可能性が高い。

携行している武器の火力は非常に高く、我々は一度撤退しSWATチームと共に鎮圧作戦を開始。

銃撃戦自体は鎮圧したが、数名を取り逃がしてしまった。

戦闘中に録画した画像から、あるPMCが浮上した。
PMC「mougenkai」である。
以前からLAGGOON CITYの企業に雇われており、今回も可能性は否定できない。

素性を洗い出し、確認が取れ次第連行する。

PMC「mougenkai」と思われるメンバー。












以下の現場写真を参考にされたい。


市庁舎付近
#01 一般市民が多く集まるエリア。銃撃戦に巻き込まれて命を落とす事も少なくない。














Rising st.付近

#04 bar付近は、オーナーがオーナーだけに最も治安が悪い。
銃弾が止めどなく飛び交っている。




















教会付近
#10 神聖な場所であっても、お構いなしに弾丸が飛んでくる。















810st. 付近

今回の銃撃戦で、最も多くの負傷者を出したメインストリート。







武装組織

後日、あるルートから入手した武装組織の写真。
LAGGOON CITYの暴力のピラミッドを崩す可能性のある組織である。





徹底的に素性を洗うと共に、根絶させる。

このまま野放しにしておくわけにはいかない。



報告書、その他写真
https://www.dropbox.com/sh/c8nta7lyaobetgh/AACuDL3qwoUrX9lnz77BzFB5a?dl=0

(dropboxで1週間保管)

3/20 sun LAGGOON CITYにおいて、「L.C.C.」Laggoon city CLAN CUPが開催される。
以下の報告書にて情報をまとめている。
参考にされたい。

ストーリーブログ
http://laggooncity.militaryblog.jp/e737392.html
告知ブログ
http://laggooncity.militaryblog.jp/e733131.html



以上  


L.A.P.D Spot Investigation Report 2015/02/17

Posted by LAGGOON CITY at 2016年02月17日 2016年02月17日 19:43
実況見分報告書

氏名:woody pacino ID # A0072

日時:2016/02/17 (水)

状況発生時間:10:00~17:00

天候: 晴

10:25 L.A.P.Dに「不審な車が停まっている」との通報アリ。

現場となったのは、メインストリートにある「LAGGOON BANK」付近。

現着すると、スーパーチャージャー仕様の不審な車を目視確認。

最近頻発している新種のドラッグ事件関連で、DEAの職員も同行していた為、L.A.P.Dの同僚と3名で職務質問・所持品検査にあたった。
車内には2名の男性が乗車しており、両名共に武装していた。


車内から降りるよう促したところ、我々に銃口を向けたため、その場で射殺。


犯人の手には、白い粉の入った袋が握られており、その場にいたDEA職員が調べたところ、ただの粉洗剤であった。




その後、車内を調べたが異常なし。
職務質問の手順に不手際があったわけではない。
誤認による射殺ではなく、銃口を向けられた事による正当防衛である。








以下の現場写真を参考にされたい。



Rising st.付近

#04 bar付近は、オーナーがオーナーだけに最も治安が悪い。
銃弾が止めどなく飛び交っている。


























教会付近
#10 神聖な場所であっても、お構いなしに弾丸が飛んでくる。

















































810st. 付近

今回の銃撃戦で、最も多くの負傷者を出したメインストリート。

脱出用の応援ヘリを呼ぶ無線は、2台しか正常に作動するものが無かった為、無線の争奪は熾烈を極めた。
















武装組織

後日、あるルートから入手した武装組織の写真。
LAGGOON CITYの暴力のピラミッドを崩す可能性のある組織である。





徹底的に素性を洗うと共に、根絶させる。

このまま野放しにしておくわけにはいかない。



報告書、その他写真
https://www.dropbox.com/sh/kaatj6kwdr1woia/AAAJQyKSYfHgwGbOo6JejvXja?dl=0
(dropboxで1週間保管)




以上




私だ。
  


2−2 2016 rebuilt your own 大きな仕掛け

Posted by LAGGOON CITY at 2016年02月17日 2016年02月17日 13:36







BBC顧問 ガウディ•ゲロウスキィ

早くも数年が経ち、ここラグーンシティもすっかり様変わりした。

以前は田舎ののんびりとした「砂漠の街」という感じだったが、、
今は多数の企業も居を構えるようになり、結果雇用も伸び、人口増加に繋がった。

これが街の税収に反映されているのも良い指標と判断される。

しかしながら同時に街の治安は荒れ、銃火器による犯罪でさえも珍しくないことは、あまり良いとは言えない結果かもしれないが。。

ある意味想定内の有様ではであるが、想定外の事案も頻発するようになった。

あれから、BBC社(ボンボクラートコーポレーション)のバイオテクノロジー研究所の研究は、より取り扱いが危険な、それも機密性を伴ったものばかりに限定され、被験者の数が足りずに困窮していると聞いている。

さらにはラグーンシティの事実上のオーナーであるBBC社のロディ。彼とはファーストネームで呼ぶほど、付き合いも深くなり、それこそここ数年は毎晩のように討議とレクチャーを繰り返し、充分に自分の計画とフィロソフィーの共有に努力して来た。

同時に、ロディにしか無いインスピレーションのようなものを計画に組み入れてきた。


結果このラグーンシティは、どんどん「ミリタリー&ディフェンス」の世界に特化していき、様々な軍事関連産業が居を構えるようになった。

それこそバイオ研究所の街を境に、反対側の砂漠地帯に作った「ラグーンビジネスパーク」は当初はIT企業の進出に期待したが、結果ほぼ100%近く、軍事産業関連会社になった。 
オーナーのロディが、元々無類のガン好きだったこともあり、ラグーンシティ及びその近辺の管轄エリア内(ジュラスディクションエリア)であれば、簡単な届けで銃が携帯できるように、オーナー特権で市条例を作った。

そんな状態の街であるので、その中で営業する銀行とか各スモールビジネスのオーナー達にとっては、当たり前のように出没する銃を使ったホールドアップにより現金を強奪されたことなど、珍しいことではない。
当然のことながら、街中で営業するセキュリティー会社は、一般の家庭用のそれでは役に立たず、様々なPMC(民間軍事会社)が街のセキュリティー会社として進出してきている。

加え多種多様な軍事関連会社が近隣にあるので、一般の市場では販売が制限または禁止されているような火器でさえも、街の怪しい銃火器専門店を通して、裏では売買されているらしい。
故に街の正義を守る側のラグーンポリスとか、各PMC社もよりヘヴィーな銃火器をどんどん導入しているらしい。

この、最低限国内では大きな戦争とか無い国だが、この街は時々それこそ戦時中のような銃撃戦を目にするようになった。

街のギャング+マフィアに雇われた傭兵達
vs
法執行機関側 とか

雇われ傭兵
vs
PMC + 街の有志 とか。

ある意味、これだけどこからの街からも離れていて、隣は貧困が激しい砂漠だらけの、何も資源が無い国との境にある「砂漠の中の街」は、完全にアウトローエリアなのである。

故に連邦政府も、他の地域への影響がほぼ無しと判断し、あらゆる特例を認めている。

もちろん彼らにとっても、非合法移民の流入(密入国者)が以前は頻発していた辺鄙な国境に、国の主要な軍事産業関連会社が居を構え、より軍事的な場所になり、その街の法執行機関が強固な火器により、そのエリアを防御するというのは、非合法移民の流入防止の対策として、2つの意味でメリットを得た。

1つめは、もちろん流入そのものを街の存在と、当該エリアの法執行機関の活動自体が防ぐ実働効果。

2つめは、1の結果 連邦政府が責務とされていた国境パトロールの一番経費がかかり、かつ管理が容易で無い場所がほぼいらなくなる実態効果である。

要は「経費がかからず、一番のやっかいな場所を管理もせずに守ってくれる存在」という事だ。

多分にこの昨今、国内の目が厳しくなる銃火器および軍事産業にとっては、まさに天国だったのであろう。

そういえば、一つだけ気になることがある。

BBC社のバイオテクノロジー研究所の活動内容が、少しずつ機密が漏れている件である。

世界へのアピールの余念の無い、国際テログループのスパイが社内にいるという。

街の住民にも浸透完了したと聞いている。 そのあぶり出しが早急に必要であろう。

同時に、彼らの狙う「バイオ研究内容を守る組織作り」を早急に開始しなくてはならない。

そう SFSU(スファス)Special Force Security Unit をだ。

その為には、その候補生のリクルートが必要だ。
主要なスタッフは、自分のコネクションで何とか手配できるが、他ほぼ全ての要員を集めなくてはならないのだ。


あることをロディとのランチミーティングで決定した。
この街には、主要なPMC会社と軍事産業関連会社が名を連ねている。
本社が無くとも、必ずやR&D(開発部門)のファンクションはこの街にあるはずだ。

故に各社とも精鋭部隊を警備(SECURITY)に揃えている。

その精鋭部隊のトーナメント戦をするのだ。

即ち、各精鋭部隊がクラン(チーム、ユニット)になり、非殺傷性の武器を用い、実戦想定されたシチューエーションでの対抗戦をするのだ。

その中で、光る存在を見つけられると信じている。

その優勝クランのメンバーを中心として、この街の主要な心臓部を守る「特殊精鋭部隊」の要員をリクルートするのだ。


時間が無い、急務だ。


あの国際テロリストグループが実働を開始する前に。。。。



  




Copyright(C) LAGGOON CITY. 2018 All Rights Reserved.